【ご報告と御礼】現代音楽鑑賞講座第4回につきまして

先日の3月13日に行われた、第3期現代音楽鑑賞講座:第4回講座は、たくさんの方々においでいただき、盛況のうちに無事終了いたしました。

第4回では、作曲家でサクソフォン奏者の森紀明氏による、彼の以下の近作を中心としたプレゼンテーションが行われました。また、これらの三つの作品を、録音した音源、録画した動画、そして当日の実演を通じて鑑賞する機会にも恵まれました

◎ Night-Angle for Accordion and Piano (2015) – 音響的なイメージからできた作品。(録音)

◎ trans- II for Soprano, Euphonium and Live Electronics (2015) – 動きを伴い、文学的なものにインスパイアされた作品。(録画)

◎ Multiform for 3 or more Performers (2016) – テキストによる指示だけの、不確定でコンセプチュアルな作品。
中、《Multiform_b》 (実演)

ちょうど1月29日に《trans- II》の新作初演コンサートを好評のうちに終えたばかりの森氏のプレゼンテーションは、あまりにも新鮮で刺激となる有意義なものでした。

また、近藤先生の率直なご意見と鋭いアドバイスが伺え、客席からは活発な質疑応答が行われるなど、熱のこもった議論が展開されました。

発表者の森紀明氏に心より厚く御礼申し上げます。
また、ご臨席いただいた近藤譲先生、参加者の皆様および当日《Multiform_b》の実演にご参加くださった方々にも深く感謝いたします。

当日講座の様子については、参加者の稲木さまが大変丁寧にレポートを書いてくださいましたので、後ほどシェアさせていただきます。

☆彡 森氏は、来る日曜日の3月20日開催の以下のイベントに、今回はサクソフォン奏者として参加します。大変興味深いプログラムですので、お時間ある方は、是非足を運んでみてください♪

↓↓↓
《 リサ ケイ ミラー&照内央晴 2台ピアノ即興セッション》

02

0806

07

01 10

カテゴリー: 未分類   パーマリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です