いよいよ三日後です!(3/24)

💡いよいよ三日後に迫りました!♪
24日の春の企画~三つの講演~は、一見関連性がないように見えるが、「作曲」という共通のキーワードを持っています。

午前の部(11時開演)では、作曲家の星谷丈生さんによる、「作曲法」の文献研究が行われます。明治〜大正〜昭和の時代に日本で出版された作曲法の変遷を探ることによって、作曲法の書籍の年代別の傾向や特徴が把握できます。

作曲家の近藤譲さんが彼の友人「作曲家」トム・ジョンソンの音楽について論じる午後の部(14時開演)では、一般的に知られていない貴重なお話やトム・ジョンソンさんの個性的な音楽とその思想への旅が、厳選された音楽と共に体験できます。

音楽評論家の石塚潤一さんによる夕方の部(17時開演)は、「作曲作品」に焦点を置きます。故 黛敏郎氏の《涅槃交響曲》(1957~8)について、特に音響解析の観点から徹底的に分析・考察を行い、彼の音楽への理解を深めます。

作曲法で書き、作曲家によって聴き、作曲作品を読む力、そこに優れた講師の話しが加われ、一体となる春の企画~三つの講演~です。

皆さんにとって非常に有益でエキサイティングな時間になると思います。皆さんの積極的なご参加を心待ちしております。

◆ 日付: 2019年3月24日(日)
◆ 場所: 両国門天ホール 

◆講座内容
午前の部 11時開催:星谷丈生 「作曲教本を読む」
午後の部 14時開催:近藤 譲 「トム・ジョンソンの音楽を巡って」
夕方の部 17時開催:石塚潤一 「黛敏郎の《涅槃交響曲》について」

◆ 受講料

1.午前の講座: 1000円
2.午後の講座: 2000円
3.夕方の講座: 1000円

☆ お得な3回通し券が、3000円(2回通し券はありません)

◆ ご予約:受講希望の講座名、参加者のお名前のフルネームと連絡先を記入し、メール   info@buncademy.co.jp  にてお申込みください。

本イベントは、開催前日までの予約制です。当日の予約は承れませんのでご了承ください。当日券は、残席がある場合のみ、販売いたします。

 

カテゴリー: 未分類   パーマリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です