【ご報告と御礼】第4回現代音楽鑑賞講座が無事終了いたしました。

昨日(12/14)行われたBuncademyの第4回現代音楽鑑賞講座では、黒田崇宏さん(作曲家、東京藝術大学修士課程在籍)の以下の3つの音楽作品をお聴きいたしました。

1.《…→Confluence》 for Tenor Saxophonist and 7 players(2013)
2.《庭》~声明と打楽器、テープのための~(2014)
3.《Scabiosa》for Soprano, Oboe, Viola, Piano and Tape(2014)

ちょうど先月《Scabiosa》の初演コンサートを無事に終えたばかりの黒田さんは、現代音楽協会主催「世界に開く窓〜百留敬雄リサイタル(2月3日)」のための一般公募作品の中から唯一選ばれるなど、今後の活躍も楽しみな、いま注目を浴びている若手作曲家です。
02
まだ出版やレコーディングがされていない、普段なかなか聴取できない貴重な音楽作品が、作曲家本人のご説明とともに鑑賞できるということは、Buncademyの講座の魅力の一つではないかと:)
また、近藤先生とご参加の皆様から大事なご意見と鋭いご指摘をいただきました。
03
今回は特に、演奏者、作曲家、写譜家、現代音楽の大ファンの方など、それぞれ異なる観点からのとても興味深いご意見が聞けてよかったと思います。
ご発表くださった黒田さん、そして近藤譲先生およびご参加いただいた皆様に厚く御礼申し上げます。
04

カテゴリー: 未分類   パーマリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です